おうち畑

プランターの設置注意

ベランダ編

室外機の周囲に置かない
室外機の周囲や上にプランターを置くと、土が乾燥したり、排気で作物が傷む恐れがあります。
手すりが高い場合は台の上に
手すりが日差しを遮ってしまうため、日照を必要とする野菜は台の上に置くなどして、日当たりを確保する工夫をしましょう。
避難経路の確保
プランターは、緊急時の避難経路の妨げにならないように置きましょう。
風が強い場合は強風対策を
強風によってプランターが倒れたり、野菜が傷ついてしまうこともあります。
手すりに風よけネットを張るなど風当たりを弱める工夫をして下さい。
夏は手すりの近くに
夏は日差しが強いものの、太陽の位置が高いのでベランダの奥まで日が届きません。
手すりの近くにプランターを置き、日照を確保しましょう。
秋〜春はスペースを広く
太陽の位置が低く、ベランダの奥まで日が差すので、スペースを広く使うことができます。
プランターを複数置く場合は、それぞれのプランターの陰の向きに注意しましょう。
ベランダの床に直接置かない
特に夏場はコンクリートの照り返しが強く、野菜の生育に影響する可能性があります。
プランターの下にレンガやスノコを敷くなど、直接床に置くことは避けましょう。

庭編

目に付きやすい場所に置く
窓のそばなど、可能な限り目が届きやすい場所にプランターを置き、こまめに生育状況を確認しましょう。
水のやり忘れなどのうっかりミスを防ぐ効果もあります。
直置きしない
レンガやスノコを敷き、その上にプランターを置きましょう。
地面に直接置くよりも風通しが良くなります。